スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【12.17声明】天下に罪在り、罪は世貿に在り!人民の正義の闘争に対する警察の暴力的弾圧に抗議する! 

20051217-02.jpgWTO閣僚会議最終日の前日、12月17日の反WTOデモは、機動隊と放水銃、催涙弾と激しく衝突し、最終的に1000名を上回る拘束者を出し、14名が起訴される事態となった。17日深夜の最も早い段階で香港と台湾の団体によって発せられた以下の声明は、1000名のデモ隊が機動隊に包囲されている最中に書き上げられ、翌日18日のクロージングデモ行進に多くの香港の団体、市民の参加を呼びかけ、暴力的弾圧を大衆的に跳ね除けることを目的に発せられた。弾圧を回避するために一旦は中止が呼びかけられた18日のデモは、警察の暴力的弾圧に抗議する内外の市民、団体の声によって、予定通り行うことになった。デモには約7000人が参加し、香港政府の暴力的弾圧を跳ねのける大衆的動員が勝ちとられた。
【声明】天下に罪在り、罪は世貿に在り!人民の正義の闘争に対する警察の暴力的弾圧に抗議する!

グローバリゼーションモニター(香港)
街坊工友服務処(香港)

WTO閣僚会議が五日目を迎えたその日、警察当局による妨害と挑発によって、デモ参加者は当初のコースを行進できず、ついに大規模な衝突が発生した。
WTOは各国労働者農民の生活を破壊している。それによってデモ参加者は警察に抵抗している。正義は人民の側にある!

あらゆる弾圧が搾取する側の立場にある。さらに恥知らずにも、警察当局が人々に向かって何発も催涙弾を発射する前には、警告すらなく、多数の記者と傍観者がガスの被害に遭った。さらに、警察当局は放水銃を使用しないことを事前に明言していたにもかかわらず、今日の午後、放水銃でデモ参加者を攻撃した。これら一切はが察当局による暴力の濫用を明らかにしている。

WTO設立から10年。すでに世界各国労働者人民と自然環境に巨大な災難をもたらしている。WTOを支配する大国、独裁政府、多国籍企業は、一握りの政治家と大企業の私的利益のために、民衆の生活を売り物にすることを惜しまない。農民は破産し、労働者は失業し、環境はますます汚染されている。もうたくさんだ!

人間は万物の霊長であり、支配者の奴隷ではない。不正義に抵抗することは人民の神聖な権利である。われわれは香港市民がこの正義の抵抗を支持し、WTOによる生活破壊に反対するよう呼びかける!

香港特区政府による弾圧に反対を! すべての拘束者を即時釈放せよ!

2005年12月17日

連名団体
台湾自主労工連盟、苦労ネット、世新大学社会発展研究所学生会、敬仁労工服務センター、楊儒門支援連盟、工人民主協会
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kongyeesaimau.blog32.fc2.com/tb.php/37-dd6b5454

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。