スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12.11反WTO集会とデモに4000人 

20051211-011.jpg香港でおこなわれた反WTOの集会とデモは4000人が参加したようです。4000人は、まずまずの数でしょうか。13日は平日なのでもうすこし少ないかなー、どうでしょう。デモコースは、もっと短いですけど、みなさん、がんばってくださいね。抗議世貿!

yahoo香港のニュースより(12月11日)
WTO閣僚会議に参加した3000名のデモ隊が、午後5時(日本時間6時)に解散地点の政府庁舎に到着した。整然としたデモが行われた。デモ隊は、3時15分にビクトリアパークを出発し、デモ隊の先頭は1時間45分をかけて解散地点に到着した。主催団体は、4000人がデモに参加したと発表、警察は3000人と発表した。

HKPAと海外のNGOグループの反WTO集会は午後2時からビクトリアパークで行われ、当初四時出発のデモは時間を早めて出発した。これは香港WTO閣僚会合期間におこなわれた最初の大規模なデモになった。

集会とデモには世界各地から参加があったが、中心は地元の人々であった。ビクトリアパークでは各種の横断幕やバルーンがあげられ、カルチャーイベントもおこなわれ、WTOが政府と企業のためにあることに反対した。デモコースは繁華街を通過するため、コーズウェイベイのあるデパートはシャッターを下ろし、一部の商店も店を閉めたが、シャッターを半分閉めて営業する店舗もあった。

(以上)

スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

香港でのWTO反対行動

12月11日、「抗議世貿」(コンイー・サイマウ)の掛け声がビクトリア・パークと香港島の繁華街にこだましました。デモ参加者3~4000人は、集会場のビクトリア・パークから中環(セントラル)にある中国政府ビルまでの非常に長いデモコースを元気に行進し、香港市民にWTO反対を訴えました。デモ参加者のおそらく半数はフィリピンやインドネシアからの移住労働者(2つのグループに分かれていた)で占められ、海外からは韓国、イタリア、日本などの参加者が目立つ程度でした。韓国からはまだ中心部隊は到着していないようで、50人ほどの参加?でした。イタリアの労働組合代表約20人は、各ナショナルセンター連盟の横幕を掲げて参加。日本からは、食健連・農民組合から60人以上が隊列を組んで参加し、マスコミなどからも大きな注目を浴びていました。私たちATTAC関西からの参加者は、集会場に「もう一つの世界は可能だ」の横断幕を広げ、%旗を掲げて集会に参加し、デモ行進では香港の「全球化監察」(グローバリゼーション・モニター)の人たちと一緒に、%旗をなびかせながら歩きました。
集会そのものは、PA装置の不調からか、後ろのほう(海外からからの参加者はグランドの後方が割り当てられていたので)では、まったく発言内容が聞き取れず、各グループもほぼ好き勝手にパフォーマンスを展開していました。
中国政府ビル横の総括集会では、本集会で発言が聞き取れなかったためか、各国からの参加者が発言を続けていました。夕方からは、再びビクトリア・パークに戻り、ライス・フェスティバルのオープニング・セレモニーに参加しました。「Rice Is Life」が主なスローガンで、セレモニーでは、日本の農民連が「小泉、御用!」というパフォーマンスを行い、大きな拍手を浴びていました。セレモニー終了後には、お米を材料にしたお菓子などがふるまわれ、参加者は舌鼓を打ちました。
8時からは、文化フェスティバルが開かれ、主催者を代表しアポ・ランが挨拶しました。私は途中で帰りましたが、楽しい歌や踊り、パフォーマンスが展開されていました。
13日のラリーには、日本からの参加者が多くなると思うので、再び元気にWTO反対を訴えたいと思います。香港からの第一報でした。
ATTAC関西グループ
寺本 勉
(このコメントは、ブログ上に公開してください)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kongyeesaimau.blog32.fc2.com/tb.php/22-db3cdebe

トモ@香港

 No.2040トモちゃん@香港から、携帯メールで写真が届きました。小泉になりきっているトモちゃん(左)と、右はブッシュになりきっている茨城農民連の吉川さん。こちらやこちらやこちらで活躍した「世界一恥ずかしいあやつり人形」が、香港にまでくりだしたのです。香港
  • [2005/12/13 21:14]
  • URL |
  • 日刊「NOCUSる」 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。