FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月26日は、韓国でもグローバルアクション 

126KOREA  韓国の社会運動も、グローバルな行動の日の呼びかけにこたえて、1月26日に行動をおこします。以下は、その呼びかけ文の翻訳です。






***********

もう一つの世界のために、一緒に行動しよう:FTA、貧困、戦争、差別なき世界へ!

 様々な組織、労働組合、社会運動、連合は、現在のローカル、グローバルな状況(新自由主義政策、差別への取り組みの不在、戦争)への懸念を明らかにするため、団結して、公的な議論を起こそうと努力しています。2007年9月に開かれた社会運動フォーラムの閉会イベントである「社会運動総会」の参加者たちは、「グローバルな行動と結集の日」の期間中に、韓国で一連の行動を組織することに同意しました。多くの組織は、フォーラムの参加者によって準備された行動の呼びかけに応えました。そして、世界社会フォーラム2008―グローバルな行動の日・韓国組織委員会が活動を開始しました。詳細は次の通りです。

もう一つの世界のために、一緒に行動しよう:FTA、貧困、戦争、差別なき世界へ!

 様々な組織、労働組合、社会運動、連合は、現在のローカル、グローバルな状況(新自由主義政策、差別への取り組みの不在、戦争)への懸念を明らかにするため、団結して、公的な議論を起こそうと努力しています。2007年9月に開かれた社会運動フォーラムの閉会イベントである「社会運動総会」の参加者たちは、「グローバルな行動と結集の日」の期間中に、韓国で一連の行動を組織することに同意しました。多くの組織は、フォーラムの参加者によって準備された行動の呼びかけに応えました。そして、世界社会フォーラム2008―グローバルな行動の日・韓国組織委員会が活動を開始しました。詳細は次の通りです。

 1996~97年の金融危機、そして韓国の唯一の実行可能な選択肢として、支配階級に理解され、宣伝された新自由主義的グローバリゼーションの拡大以来、人びとの生活への脅威と金融不安定の危機は、大多数の人たちにとって、悪化する一方です。この状況の困難さを経験して、ますます多くの人びとは、新自由主義的グローバリゼーションが、好ましい変化を生み出すのに失敗し、むしろそれが利潤中心で、搾取的な実践と企業の利益を守るために作られていることに気付いています。

 E-landの労働者(多国籍小売チェーンの被用者)が復職を求めて七ヶ月間連続のストライキをしたことに示されるように、現在、不安定雇用者は、労働権のためのたたかいの前線にいます。低賃金で、不安定で、非正規の労働者の大多数を占める女性は、現存の性別役割分業をさらに悪化させる新自由主義政策に反対しています。

 韓国の農民は、国際的な結集に参加して、カンクンと香港で団結し、WTOと多国籍アグリビジネスへの大衆的な反対を主張し、食料主権を要求しました。

 労働者として、韓国の国民として、権利と承認を必死に求めている不法滞在の移住労働者は、もし労働組合、諸組織、人びとの間で、人種、文化、国民的な相違を超えた連帯が達成されれば、労働権と労働条件の改善は、すべての人にまで拡張されるだろう、と言っています。グローバリゼーション、ジェントリフィケーション〔都市再開発。それに伴って低所得層の立ち退きが生じている〕、貧富差の拡大の結果として、貧困者の生活環境の悪化が加速するとともに、反貧困運動が大きくなってきています。

 韓国の様々な社会運動は、結びつきと協同を強化して、新自由主義政府の主たる政策(イラクへの軍隊派遣、米軍基地の拡張、有害なFTA交渉)に対抗して連帯しています。これらのすべては、新自由主義的グローバリゼーションではなく、複数の次元の社会運動が、人びとの生活にとってより良いオルタナティブを提供することを示しています。

 グローバルな行動の日を通して、もう一つの世界を支持する韓国の社会運動は、公に姿を現し、可視化され、社会の主流になります。新しい大統領に選ばれた李明博は、右翼政治の手法で、新自由主義政策を継続させるでしょう。かれは、就任前でさえも、企業に配慮し、反民衆的で、環境に悪い政策の計画を、日々提唱し続けています。2008年1月26日は、不安を感じている労働者、移住労働者、貧民、女性、学生、その他多くの人びとが、抑圧と差別に反対して、声を上げる日になるでしょう。

<メインイベント>
グローバルな記者会見 in ソウル
․Time: 2008 January 22 - 12:00pm
․Venue: Press Room of KCTU

[パネル・ディスカッション] 2008グローバルな行動の日 グローバル社会運動の見解․Time: 2008 January 22 - 15:00pm
․Venue: Conference Room of KCTU

[集会] 世界社会フォーラム2008グローバルな行動の日:「もう一つの世界のために、一緒に行動しよう:FTA、貧困、戦争、差別なき世界へ!」
․Time: 2008 January 26 - 14:00pm
․Venue: Seoul Station Square

<テーマ別イベント>
投機のための都市開発ではなく、人権を!住宅権のための共同行動―グローバルな住宅権のキャンペーンと連動
Time: Jan 21 ~ 26

エネルギー、水、鉄道の民営化と公共部門の構造調整に反対する記者会見
Time: 2008 January 23- 11:00am
Venue: In front of Office of Transition Committee of New government

水道業界促進法(Water Industry Promotion Act)についてのワークショップ
2008 January 23- 13:00am,
Street Outreach concerning Repression against Migrant Workers
Time: 2008 January 23- 12:00pm~13:00 pm
Venue: In front of Myeong-dong Cathedral

世界社会フォーラム2008―グローバルな行動の日・韓国組織委員会
Office: 4th. Shinsung BLDG, 8-48, Galwoldong, Yongsangu, Seoul, Korea
Tel: +82-2-778-4001
Fax: +82-2-778-4006
E-mail:action126@jinbo.net
Website: http://action126.net

Imagination for International Solidarity(IFIS)/ Korean House for International Solidarity(KHIS)/ Workers Institute for Management Analysis(WIMA)/ Power of Working Class (PWC)/ All Together/ Cultural Action/ Joint Action against Water Privatization/ Media Culture Action/ Democratic Worker's Solidarity/ National Association of Professors for Democratic Society/ People's Solidarity against Commercialization of Education/ Korean Federation of Medical Groups for Health Rights (KFHR)/ People's Solidarity against Poverty/ People's Solidarity for Social Progress(PSSP)/ Seoulidarity/ Emergency Committee to Stop Repression against Migrant Workers/ People Before Profit/Sarangbang group for Human Rights/ Korean Confederation of Trade Unions (KCTU)/ National Federation of the Poor of Korea/ Korean Solidarity against Precarious Work/ Solidarity Against Disability Discrimination/ Korean March of Students/ Spec Watch Korea/Forward/ Solidarity for Peace and Reunification of Korea/ Student Action Solidarity/ Working Voice/ Korea Social Forum-Organizing Committee/Korea Alliance of Progressive Movements/ Koran Alliance against Korea-US FTA/ Workers’ Front for Social Transformation

【原文】


"Act together for Another World: A World without FTA, Poverty, War & Discrimination!"

Various organizations, trade unions, social movements and coalitions have come together in a joint effort to stir public discourse and articulate their concern for the current local and global situation: neo-liberal policies, unaddressed discrimination, and war. Participants in the “Social Movements Assembly,” the closing event of the Social Movements Forum held in September 2007, agreed to organize a series of actions during the “Global Week of Action & Mobilization” in Korea. Many organizations responded to the Call for Action that was prepared by forum participants, and the Organizing Committee for the WSF 2008- Global Days of Action in Korea was launched, detailed below.

Since the financial crisis in 1996~1997 and the expansion of neo-liberal globalization, understood and propagated by the ruling class as Korea’s only viable option, threats to people’s livelihood and the crisis of financial instability have only worsened for many. Experiencing the difficulties of this situation, more and more people have realized that neo-liberal globalization fails to affect positive change, molded instead to protect the profit-centered, exploitative practices and interests of businesses.

As exemplified in the continuing seven-month strike of E-land workers (employees of a multinational retail chain) who demand their reinstatement, currently, precarious workers are in the forefront of the struggle for labor rights. Women, who make up the majority of workers in low-paid, insecure, and informal jobs, are fighting against neo-liberal policies, which exacerbate the existing gendered division of labor.

Korean farmers participated in the international mobilization that united in Cancun and Hong Kong to assert mass opposition against the WTO and transnational agri-business, and to demand food sovereignty.

Undocumented migrant workers, fervently demanding their rights and recognition as workers, as people in Korean society, argue that labor rights and improved working conditions can be expanded for all, if solidarity that transcends racial, cultural, and national differences among unions, organizations and people is achieved. The anti-poverty movement continues to grow, responding to the worsening conditions of poverty, which escalates as a result of globalization, gentrification, and an increasing gap between the “rich” and the “poor.”

Strengthening connections and co-ordination between diverse social movements in Korea unite against the main agenda of the neo-liberal government: the dispatch of troops to Iraq, expansion of U.S. military bases, and negotiation of harmful FTAs. All of these show that multi-dimensional social movements, rather than neo-liberal globalization, offer better alternatives for people's lives.

Through the Global Day of Action, the social movements for another world in Korea become public, visible and moving to mainstream society. The new president-elect, Lee Myeong-bak, is continuing the neoliberal policy in the manner of right-wing politics. Even before making his entrance to office, he constantly announces plans for corporate-friendly and anti-people, and anti-environment policies everyday. January 26, 2008 will be a day for precarious workers, migrant workers, the poor, women, students, and many others to speak out against repression and discrimination.
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。