スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜインドネシアの社会運動は、日本とのEPAに反対するのか 

IJEPA 8月20日、安倍前首相は、ジャカルタに足を運び、インドネシアとのEPA(IJEPA)に調印しました。すでに東南アジアのいくつかの国とのEPAに調印している日本で、IJEPAがメディアの興味をひくことは、ほとんどありませんでした。しかし、インドネシアにとっては、初めての経済大国との間の「包括的な二国間協定」となりました。このEPAは、インドネシア側に、投資、サービス、知的財産権の分野で、日本企業の進出を招くという懸念を引き起こしています。以下は、調印直前にインスティチュート・フォー・グローバル・ジャスティス(IGJ)が発表した記者声明の翻訳です。「植民地化」という言葉の選択に、かれらの懸念の強さが表れています。

************
記者声明 インスティチュート・フォー・グローバル・ジャスティス(IGJ)
「インドネシア日本経済提携協定は、日本によるインドネシアへの『植民地化』を強める」2007年8月16日

 2007年8月20日、インドネシア日本経済提携協定(IJEPA)は、インドネシアを訪問中の日本の首相である安倍晋三と、インドネシア共和国の大統領であるスシロ・バンバン・ユドヨノによって、ジャカルタで調印される。この協定は、インドネシアにとっては初めての包括的な二国間協定になるであろう。IJPEPAは、13の包括的な論点をカバーする「新時代のFTA」で、WTOプラス(当初のWTO協定を超える)として知られる。それはまた、提携協定の一部である能力開発は、「空約束」である。インドネシアのメディアのほとんどは、物品貿易とパートナーシップの側面を強調するのみである。しかしながら、かれらは、投資や、サービス部門や、知的財産権(IPR)、エネルギー、政府調達のようなインドネシアに不利益をもたらす可能性のある、センシティブな論点に焦点をあてていない。

基本的に、IGJは、将来におけるIJEPAの合意を拒否している。その拒否は、以下の議論に基づいている。

1 IJEPEの主たる核心は、経済的な超大国(日本)と持続的な経済危機にある途上国(インドネシア)との間の包括的な自由化にある。論理的に言って、不均衡な自由貿易関係は、弱い側に不利益をもたらすであろう。

2 私たちは、IJEPAがエネルギー、特に天然ガスと石炭を確保するための日本の戦略であることを知っている。同様の声明は、2007年5月25日、東京での日経国際会議にて、インドネシア共和国の副大統領であるユスフ・カラから発せられた。かれは、その経済提携協定の枠組みの下で、インドネシアが天然ガスを日本に供給するであろう、と話した。この行動によって、インドネシアのエネルギー安保は、多くのリスクに直面するであろう。なぜなら、天然ガスは、再生可能なエネルギーではないからである。エネルギー供給を保証することは、現在のグローバルな政治において重要である。インドネシアはこの状況に学んで、特に現在と将来における家庭のニーズ、農業と工業のニーズを満たすために、国内のエネルギー供給を保証すべきである。

3 IJEPAのサービス部門は、この部門の持続可能性とインドネシアの人びとのニーズを危険にさらすであろう。IJEPAは、ビジネス、専門職、コミュニケーション、建設、教育、金融、健康、社会、観光、輸送といったサービス部門の重要な側面を含む。この自由化の負の影響は、健康と教育部門のようなサービス部門に依存する、国民に不利益を与える。

4 IJEPAは、日本の投資家によるインドネシアへの投資を自由にし、保証するであろう。しかしながら、日本の投資家が資本をインドネシアにもたらすという、確約や義務もどこにもない。このように、インドネシアの政府は、その門戸開放を強いられる一方で、そのお客様が領域に入る義務は存在しないのである。

5 どのように両国がこの協定で知的所有権を規制するかについて、明確な仕組みが存在しない。私たちは、日本が自国で特許を与えられた外国の製品に対して特許を設けるのに熱心な国であることを知っている(たとえば、インドネシアの伝統的な食べ物である19種類ものテンペなど)。また化粧品会社の資生堂は、インドネシアの香料に特許を取っている。そのくせ日本は、知的所有権を保護し、独占しようしている。

6 この「提携(パートナーシップ)」における能力開発と技術支援は、あらゆる問題が日本から管理され、供給されており、日本の利益に基づいている。その提携には、紛争メカニズムがない。それによって、日本は、提携活動をおこなわなくても、訴えられることはない。その一方で、他の合意項目には、紛争メカニズムを含んでいる。それゆえにインドネシアの多くの利害関係者が、IJEPAに違反した時、訴えられる可能性がある。

7 日本とインドネシアの二国間関係は、今では、インドネシアに貿易黒字をもたらしている。最近のデーターによれば、インドネシアから日本への輸入の総額は、239億9144万米ドル、日本からインドネシアへの輸出総額は、73億6744万2000米ドルである。それゆえに、二国間関係を経済提携協定へと推し進める緊急性はない。不幸にも、IJEPAは、インドネシアに多くの損失をもたらすことになろう。

8 日本とインドネシアとの経済関係は、インドネシアに独立ではなく、従属をもたらすであろう。たとえば、自動車(トヨタ)、電機(パナソニック)は、決して技術移転をせず、自らの支配と所有権を守っている。

9 インドネシアによる日本への開発援助の依存(日本はインドネシアの最大の債権国である)は、IJEPAの文脈では、二国間経済協力に影響を及ぼすであろう。加えて、日本の独裁と支配は、インドネシア経済に影を投げかける。現在、日本に対するインドネシアの対外債務額(2006年)は、250億米ドル、アジア開発銀行に対しては100億米ドルになっている。

10 結局のところ、インドネシアの公衆と利害関係者は、IJEPAの本質、特にインドネシアに負の影響を及ぼすメカニズムやシステムの詳細について、何も知らないし、話し合いをしたこともない。特に、私たちは、IJEPAの調印前に、インドネシア議会から承認を得るよう、政府に要求をしていく。その主な理由は、二国間協定が私たち国民の未来に大きな影響を及ぼすからである。

上記のあらゆる議論から、私たちは、インドネシア政府がIJEPAに調印しないことを推奨する。根拠となる理由は、インドネシアがFTA/EPA交渉をおこなうにあたって、国家的な戦略をもっていないことにある。それゆえに、インドネシア政府は、二国間、地域内、多国間経済協定に入る前に、対内的な準備をして、あらゆる利害関係者との公開の協議や議論をすべきである。IJEPAにおけるインドネシアの従属と無力は、日本からインドネシアへの新たな植民地化を強化するであろう。

2007年8月16日、ジャカルタ(8月17日、インドネシア共和国の独立の日を前に)

ボニー・セティワン(Bonnie Setiawan)事務局長

**********

Press Statement
Institute for Global Justice (IGJ)
“IJEPA, To Strengthen Japan ‘Colonialization’ in Indonesia”
16th of August 2007

On 20th of August 2007, Indonesia - Japan Economic Partnership Agreement (IJEPA) will be signed by Shinzo Abe, Prime Minister of Japan who has an official visit to Indonesia and the President of the Republic of Indonesia, Susilo Bambang Yudhoyono in Jakarta. This agreement would be the first and comprehensive bilateral free trade agreement which will be done by Indonesia. IJEPA is a “Free Trade Agreement New-Age” (a new era of FTA) which covers 13 comprehensive issues and are known as WTO-plus (beyond orginal WTO agreements). It also consists of “empty promises” through capacity building as a part of Partnership Agreement. Most of Indonesian media only emphasizes on trade in goods and partnership aspects. However, they do not focus on sensitive issues which potentially give disadvantages to Indonesia such as investment, services sector, intelectual property rights (IPR), energy and government procurement.

Principally, IGJ rejects the future agreement of IJEPA. The rejection is based on these following arguments:

1. Main essence of IJEPA is comprehensive liberalisation between economic super power state (Japan) and developing countries which has a sustainable economic crisis (Indonesia). Logically, this assymetrical free trade relationship would bring disadvantages for a weak party.

2. We see that IJEPA is a strategy of Japan to ensure its energy security, especially for natural gas and coal. The similar statement was annouched by Vice President of the Republic of Indonesia, Jusuf Kalla in the the 13th International Conference of Nikkei in Tokyo on 25th of May 2007. He said that Indonesia would supply natural gas to Japan under framework of the Economic Partnership Agreement. This activity faces many risks with regard to Indonesia energy security because natural gas is a non renewable resource. Securing energy supplies is vital in the current global politic. This situation should be learnt by Indonesia to secure its domestic energy supplies especially to fulfill household needs, agriculture and industry needs for now and the future.

3. The liberalisation of service sector in the IJEPA will endanger the sustainability of this sector and people needs in Indonesia. The IJEPA would cover important aspects of service sector such as business/proffesional, communications, contructions, education, financial, health, social, tourism, travels and transportation. The negative impact of this liberalization gives disadvantages to public who relies on service sectors or aspects such as health and education sectors.

4. IJEPA will give freedom and guarantee for Japanese investors to invest their capital in Indonesia. However, there is no affirmation and obligation of Japanese investors to bring their capital to Indonesia. Thus, the government of Indonesia has been forced to open its door, meanwhile there is no obligation for its guest to enter its area.

5. There is no clear mechanism, how both parties will regulate IPR in this agreement. In the one side, we all know that Japan is a country which is diligently to make patent for foreign products (such as 19 types of tempe (Indonesian traditional food) which are given patent in Japan and also Shiseido – a cosmetic company- which takes patent for Indonesia’s embalms). On the other side, Japan clearly protects and monopolizes its IPR.

6. The capacity building and technical assistance in this “partnership” is based on Japan interests where all matters will be managed and supplied from Japan. The partnership is not a dispute mechanism, which means Japan can not be accused if it will not do. Meanwhile, other agreement will cover dispute mechanism, where many stakeholders in Indonesia can be accused if they violate this IJEPA.

7. The bilateral relationship between Japan and Indonesia brings trade surplus for Indonesia until now. The current data shows that total import value of Japan from Indonesia is US$ 23.991.440.000, and total export value of Japan to Indonesia is US$ 7.367.442.000. Therefore, there is no urgency to improve bilateral relationship into Economic Partnership Agreement. Unfortunately, the IJEPA might bring many losses for Indonesia.

8. The economic relationship between Japan and Indonesia never gives independency but dependency for Indonesia. For an example, automotive (Toyota Kijang) and electronic (Panasonic) industries, never do technology transfer but they still preserve their domination and ownership.

9. The dependency of Indonesia to Japan’s development assistance (Japan is the biggest donor to Indonesia) will affect to bilateral economic cooperation in the context of IJEPA. Moreover, Japan’s dictation and domination would undershadow Indonesia’s economy. Currently, Indonesia foreign debts to Japan (in the year of 2006) is US$ 25 billion and to Asian Development Bank is US$ 10 billion.

10. Finally, public and stakeholders in Indonesia never know and consult about essence of IJEPA, especially details mechanisms and systems which would give negative impacts to Indonesia. In specific, we request to the government of Indonesia to get an approval from the Indonesian Parliament before to sign IJEPA. The main reason is the bilateral agreement will bring expansive impact to the public and future of our nation.

With all above arguments, we recommend that the Government of Indonesia should not sign the IJEPA. The foundation reason is Indonesia does not have national strategy in order to face FTA/EPA negotiations. Therefore, the Government of Indonesia should have domestic readiness, public consultations and discussions with all stakeholders before it enters into bilateral, regional or multilateral economic agreements. Indonesia’s dependence and disability on the IJEPA only strengthen new colonialization of Japan to Indonesia.

Jakarta, 16th of August 2007
(a day before an Independence Day of the Republic of Indonesia, 17th of August)

Bonnie Setiawan
Executive Director
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。