スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポツダム会談開かれる 

ポツダム 以下はメーリングリストに掲載された情報です。G4に抗議する国際的な呼びかけは、以下のサイトをごらんください。

************

G8反対行動に続いて、ドイツの社会運動はますます勢いをつけているようです。以下は、WTOのG4会合(米、EU、ブラジル、インド)がポツダムで19~23日に開催されますが、それに抗議するよびかけです。(英語のままですみません。)

 G4会合は、先月ブリュッセルで開催され、シュワブUTSR代表とインドのナート商工相が相手にそれぞれ農産品市場と労働市場の開放要求を突きつけて、激しい議論が交わされたと報じられています。来週開催されるポツダムでの会合は、ブラジルとEUが双方に譲歩を迫り、年内合意を目指すものとされますが、先月の米国とインドの対立は一段と先鋭化したと伝えられ、両国の妥協は難しいと見られています。。
 一方で、米国から伝えらえる情報によれば、6月末でブッシュの一括交渉権限が切れることは必至のようです。
 これらの情勢を見ると、年内になんとかまとめあげようとしているラミー事務局長の計画が破産することになります。

そういう意味でも、ポツダムのG4会合を完全に破産させて、一切合意させない状況を作ることがが重要になります。

 日本はこのWTO主要国会合から外されています。
 5月下旬にG6会合(G4にオーストラリアと日本を追加)を提唱しましたが、あっさりG4から「日程調整がつかない」といって断られ(しかし、前述したように、しっかりとG4会合をブリュッセルで開催しています)、WTO交渉の主要アクターから外されてしまいました。これは、財界にとっては、とても腹立たしいことで、日経新聞社説では、高関税を維持して、農産品市場を開放しない日本の「農業」を槍玉にあげていました。そうしているうちに、松岡大臣が自殺し、WTO主要加盟国からは、相手にされていないようです。
 ドイツ・ロストクで、私は、何人かの人から、日本の農業および農業政策について質問されました。

 ご存知のように、総合規制改革会議の主要テーマの一つは「農業」(もう一つは「労働」)です。

------------------------------------------------
No Deal in Potsdam
End WTO’s Corporate Trade Agenda!

Protest during the informal WTO G4 Meeting in Potsdam

19. June 2007, 12:00 -12:30 am


Dear friends,
Dear WTO activists for an alternative trade policy!
in a few days the representatives from the G4 group in the WTO (EU, USA, Brazil and India) during an informal meeting in Potsdam from 19. - 23. June 2007 will try to achieve a breakthrough in the stalling WTO negotiations. In international trade diplomacy this G4 meeting is regarded as particularly important ? as the G4 could broker agreement on some of the outstanding and controversial issues and prepare a WTO framework deal.
We want to protest against this undemocratic, informal “green room” meeting! The meeting which will be hold in the Schlosshotel Cecilienhof in Potsdam excludes most of WTO members and threatens to push forward the notorious WTO corporate trade agenda. People from all over the world campaign for an fair international trade policy that puts people over profit instead of accepting the intransparent and undemocratic logic of WTO negotiations. We want a democratically controlled trade policy that does not bend to global corporate interests but that promotes the rights of the people for a environmentally sustainable and socially just development.
What is at stake?
WTO negotiations that started in 2001 have been in crises for several years now. In contrast to their public rhetoric proclamations of a “development round” industrialized countries are aiming at far reaching liberalisation and privatization policies in their corporate interests. These plans have been opposed by both developing countries and an international protest movement.
This year some of the most powerful WTO members will try ? through a series of illegitimate and informal meetings - to broker a deal with the most influencial governments in the South. Talks concentrate on an informal agreement in the most controversial issues agriculture and NAMA (non-agricultural market access). The rest of WTO members should subsequently swallow this framework deal in Geneva to bring the round to an end in 2007. Democracy, development and the environment would be loosing out under such a deal.
Supported by:

AG Handel des Forum Umwelt & Entwicklung
Aktionsnetzwerk Globale Landwirtschaft
Arbeitsgemeinschaft bauerliche Landwirtschaft
attac WTO AG
Gerechtigkeit Jetzt!
Via Campesina
WEED

What is planned?

1. Protest with giant puppets in front of the G4 venue

Time: Tuesday, 19. June 2007, 12:00 ? 12:30 am
Place: Am Neuen Garten, Driveway to car park at the Schlosshotel Cecilienhof

*** Please be there at 11:45 already! ***


WTO activites from the Global South and Europe call on the G4 for fair and democratic trade rules
Creative and public giant puppet action
Distribution of information on our WTO critic
Getting together of activists from North and South


How to get there?

From Potsdam central Station take Tram 92 or 96 direction ?Kirschallee“ respective ?Viereckeremise“ and get out at "Reiterweg/Alleestrase", continue with Bus line 692 and get out at "Schloss Cecilienhof”.


Contact for further information (V.i.S.d.P.):

World Economy, Ecology & Development (WEED)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。