スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EPA/FTAはいかなる問題をはらんでいるのか 

WTOからEPA/FTAへ

 WTO(世界貿易機関)ドーハラウンド交渉の中断が決まりました。WTO設立から10年余りの間に、経済の自由化によって生活を破壊されてきた人びとの抗議行動は、シアトルから香港までの閣僚会議の場、さらには世界中の至る所で爆発し、交渉をストップさせる原動力となってきました。しかし、ドーハラウンドの中断によって、経済自由化を急ピッチで押し進める動きが終わったわけではありません。今後、日本政府はWTOのような多国間交渉から、EPA(経済提携協定)やFTA(自由貿易協定)のような二国間、あるいは地域内での交渉に力点を移すことが予想されます。
続きを読む
スポンサーサイト

日比経済提携協定(JPEPA)の調印に抗議します 

アタック・ジャパンと脱WTO草の根キャンペーンは、フィリピンのNGOとともにJPEPAに対する抗議の共同声明を出しました(以下に訳を添付)。他にも各地のNGOが、抗議声明を出しています。

--
IBON Foundation
Asia Pacific Mission for Migrants (APMM), Hong Kong
Migrante-Japan
続きを読む

日比両国政府が経済提携協定(JPEPA)に署名しました 

JPEPA

9月9日、フィンランド・ヘルシンキでのアジア欧州会議(ASEM)に参加していた日本とフィリピン両国政府は、首脳会談を開き、日本フィリピン経済提携協定(JPEPA)に署名しました。

続きを読む

ドーハラウンドの今後 

外務省庁舎

「WTO市民連絡会」は8月31日、外務省でドーハラウンドの交渉中断について質疑&意見交換をしました。三名の外務省職員と私たちとの間で話し合いは、2時間も続きました。以下では、簡単に概要を報告します。

続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。