スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイ電力、民営化を撤回! 

タイから届いたニュースによれば、昨日、タイの最高行政裁判所は、2005年に民営化実施を決定した2つの王室命令を破棄して、電力民営化を無効とする決定を出しました。

これによって、タイ電力(Egat)は引き続き公共事業として供給され、株式上場計画は白紙撤回されることになりました。

今後、タイでは、すでに民営化されたサービスについても公営に戻す運動が展開される模様です。

現在、タイでは、タクシン首相の退陣を要求して、連日大きなデモが行われています。最高裁の民営化中止決定は、この運動にはずみをもたらすものと思われます。

続きを読む
スポンサーサイト

14以上のサービス部門に対する複数国間リクエスト 

stopgatswomen.gif14以上のサービス部門に対する複数国間リクエスト
(マーチン・コー、2006年2月28日、ジュネーブ)

WTOサービス交渉の複数国部門別会議に着手するにあたって、2月28日、選び出した諸国に対していくつかの集団的リクエストが出された。さらに数日以内に多くのリクエストが提出されると見られる。

このリクエストは、特定部門の「利害関係国」、すなわち「フレンズ」と呼ばれるWTO加盟国内の一部の集団が、WTO香港閣僚会議宣言のマンデートに即して行われている。

同閣僚宣言によれば、リクエスト・オファー方式は、二国間交渉に加えて、複数国間交渉にも適用される。複数国間のリクエストは、2月28日までか、あるいはその後数日以内に行われることになっている。さらに閣僚宣言は、そのようなリクエストを受けた加盟国は、リクエストを「検討するものとする」と述べている。

さらに、香港閣僚宣言では、リクエストに対する修正オファーの提出期限を7月末とし、加盟国の最終提出期限を2006年10月末と定めている。

複数国間でのサービス交渉の方法は、香港において重要な、かつ問題となった争点だった。多くの発展途上国は、そのような義務的な交渉に参加させようという試みに反対した。
続きを読む

【資料】GATSから公共サービスを守るための取り組み「コレクティフ」 

sud-1.jpeg以下の講演は、2004年5月8日に開かれたATTAC Japanの郵政民営化対策チーム(越谷プロジェクト)の第一回準備会でおこなわれた。GATSを意識した労組や市民運動による地域的取り組みとして注目すべき報告として、資料として紹介する。

----------------------------

フランス公共サービスの民営化と社会運動の取り組み
エルヴァン・ケラン(SUD-PTT)


 ヨーロッパ、そしてより具体的にフランスの公共サービスをめぐる状況は、今日、かつてないほど重要な問題となっている。実際には、この問題には、ヨーロッパとフランスの政治的要因が付け加わっている。

 世界的レベルでは、GATS(サービスの貿易に関する一般協定)が今日、WTOの尖兵の役割を果たしている。大企業連合(トラスト)の側からするこの闘いにおいて、ヨーロッパは、人権を全般的に後退させようとするこの運動の先頭に立っている。実際、これには人権が問題になっているのだ。なぜなら、歴史的に公共サービスであり続けてきた交通、水、電気、学校、医療などのサービスを利用する権利が多国籍企業の手に移行されつつあるので、人々の大分部にとっては、基本的人権が少しずつ消滅していっていからである。(そして、この点は発展途上国の人々にとってとりわけ言えることである)。
続きを読む

【資料】2005/3/5フランス社会運動の雪合戦--クルーズ県ゲレで公共サービス防衛のためのデモ 

HPIM1266.jpg【資料】2005/3/5フランス社会運動の雪合戦
クルーズ県ゲレで公共サービス防衛のためのデモ

 昨年9月にクルーズ県(フランス中央山塊の山間部)の市町村議員と市長あわせて263名が公共サービスにおける農村地帯の過疎化に抗議して辞職した。実際、郵便局がなくなり(五年のうちには半分以上が廃局になる)税務署、国鉄の駅と鉄道が廃止となる。農村地帯で人口を維持することができるすべてのものが新自由主義によって課せられた収益性の名のもとに閉鎖される。 (『伝送便』より転載)

続きはこちらから

Gats Free Zone のサイト 

gatsfreezone.jpg自治体レベルでGatsからの離脱を求める運動がヨーロッパでは広がっています。

GATS FREE ZONE

ヨーロッパ各国語のサイトがあります
目指せ日本語サイト!

チョ→緊急!!!! GATSはあらゆるサービスに脅威をもたらす 

HN_GATS.jpeg12月の香港WTO閣僚会議でのよいニュースは、現在までのところ、GATSをめぐるEUの提案が排除されたことである。その提案が通っていれば、すべてのWTO加盟国は、各国の譲許表の下位部門subsectorsに関して最低限(または多数)までサインしなくてはならず、各国の文化に関わるサービスに影響を及ぼす結果をもたらしたであろう。

悪いニュースは、特定の部門に関して「複数国間(プルリ)plurilateral」交渉をすべきというEUの要求が承認されたことである。この要求はキューバ、ベネズエラ、ケニヤ、フィリピン、インドネシアと南アフリカに強く反対されたにもかかわらず承認された。以下のタイムテーブルを見て欲しい。部門ごとの共同リクエストは、2月28日までに提出されることになっている。

複数国間プロセスは、以下のように進むであろう。
続きを読む

【資料】WTO新ラウンド交渉・香港閣僚会議の成功を望む/サービス貿易分野(日本経団連/2005年9月20日) 

WTO新ラウンド交渉・香港閣僚会議の成功を望む
分野別詳論 2.サービス貿易

(社)日本経済団体連合会(2005年9月20日)

(全文はこちら

【資料】WTO サービス交渉について経済産業省と意見交換(〔社〕情報サービス産業協会/2005年8月2日) 

WTO サービス交渉について経済産業省と意見交換 (PDF)
社団法人情報サービス産業協会(2005年8月2日)

【資料】WTOサービス貿易理事会特別会合への海運交渉に関する共同声明(国土交通省/2003年3月3日) 

WTOサービス貿易理事会特別会合への海運交渉に関する共同声明
国土交通省(2003年3月3日)

【資料】サービス貿易とは 

外務省、経済産業省サイトの資料です。サービス貿易やGATSなどについて知ることができます。

WTOサービス交渉
外務省

2005年版不公正貿易報告書 第II部 ルールの概要
第11章 サービス貿易
 (PDF)
経済産業省
 

GATSをとめよう!【プロジェクト会議資料】 

stopgats.jpg■すすむGATS交渉

2月28日から、各国政府は、自由化開放要求を提出しています。たとえば日本政府は中国政府に対して、建設に関する国境を越えた取引についての自由化を要求しています(下記、時事通信記事参照)。もちろんこれ以外に日本政府は15分野にわたって自由化要求を各国政府に提出しています。

 2月28日~ GATS開放リクエスト提出
 3月27日~4月7日 GATS交渉
 7月31日 GATS第二次改定オファーを提出
 10月31日 サービス貿易の最終約束表案を提出
続きを読む

GATSをとめよう! 

このBlogは今後、WTO(世界貿易機関)のGATS(サービス貿易に関する一般協定)交渉に関する情報をUPしていきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。