FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<1.22 新春討論集会>WTOとどうたたかうか=香港閣僚会議を踏まえ、この1年の運動を考える= 

20051105174202.jpgWTOは、12月に香港で開かれた第6回WTO閣僚会議でかろうじて閣僚宣言は出したものの、主要課題を先送りして年を越しました。その意味では”WTOをボロボロに”、を合言葉に続けてきた世界の民衆の運動は、明らかにWTOを追い詰めています。06年、私たちの運動は正念場を迎えました。香港での対抗行動を踏まえ、この1年をどうたたかい、WTOを追い詰めていくかを話し合う寄り合いを開きます。

日時:1月22日(日)午後1時30分~4時30分
場所:全水道会館6F中会議室
交通:JR水道橋駅 東口徒歩2分
 都営地下鉄三田線水道橋駅 A1出口 徒歩1分.
 東京都文京区本郷1-4-1
 tel:(03)3816-4196
資料代:500円
主催:脱WTO草の根キャンペーン
 owner-derail_wto@freeml.com
 東京都文京区白山1-31-9 小林ビル3F ATTAC気付 
 tel/03-3813-6492
続きを読む
スポンサーサイト

香港閣僚宣言:世界は売り物にされた 

区龍宇(1)

2001年に始まった世界貿易機関(WTO)ドーハラウンドは、途中2003年に一時的な挫折を経て、2005年12月の香港閣僚会合で部分的な合意に達した。それは2006年の全面合意のためのさらなる準備の一歩である。

ドーハラウンドはWTOの前任事務局長によって「開発ラウンド」と呼ばれた。しかしそれは意図的な情報操作であり、今回の「香港宣言」において、それはあますことなく暴露された。大国と多国籍企業にとって、今回の交渉の主要な目的は、いくつかの飴玉を交渉の駒として、途上国の市場開放をさらに推し進め、より一層の社会領域と天然資源をビジネスチャンスに変えようとするものであった。

続きを読む

香港WTO行動に参加--日本の郵政民営化を報告 

wto04post.jpg池田実(『伝送便』編集長)

※本稿は月刊誌『伝送便』編集部のご好意により転載させていただきました。『伝送便』は組織の枠を超えた郵便労働者による機関誌です。()全国の仲間をつなぎ、働くものの立場から見た郵便局の情報を発信しています。ウェブサイトもありますが、ぜひ購読してください。購読方法は「伝送便ってなに?」をご覧下さい。

12月13日から18日まで香港で開かれた第六回世界貿易機関(WTO)閣僚会議に対し、世界中の人々と共に異議申し立てを行うため現地に乗り込んだ。地元香港では早くからこのWTO開催に対し労働組合や市民団体らが「香港ピープル・アライアンス」(HKPA)という実行委員会を作り、開催期間中の12日から18日を「ピープル・アクション・ウイーク」と称して会議やワークショップを企画、準備していた。
 私も、WTO抗議の集会、デモに参加するだけでなく、こうした会議やセミナーを通じて世界の人々の思いを肌で感じようと、日本のアタック・ジャパンなど市民団体や電通労組など労働組合の人たちと一緒に12月12日深夜香港入りした。
続きを読む

N君をふくむ11名不起訴、3名が起訴される---すべての人々をWTOから解放しよう! 

3名の起訴を許してしまいましたが、その3名を含め近日中に帰国が実現します。ご苦労様でした。そして世界全ての民衆がWTOという監獄から釈放されるまで、たたかいを継続しよう。以下、反WTO闘争弾圧救援会よりの情報です。

---------------------
さきほどN君と現地救対の方に電話して確認した内容です。
・N君を含む11名は起訴取り下げ(無罪)。
 3名の韓国メンバーは起訴され、本裁判へ移行
・ただし、3名の保釈条件は緩和され、
 3万香港ドル(約44万3千円)の保釈金で一時帰国できる。
・本裁判は、3月上旬に予定

現地の方針では、起訴されたメンバーも含め14名全員、チケットが取れ次第帰国するとのことです。裁判後、現地では簡単に報告集会を持ちました。11名については勝利といっていい内容だと思います。
続きを読む

香港政府に抗議のメールを!! 

20060109hongkong.jpg1月11日、香港で起訴された14名の仲間の予審があります。
即時釈放メールを香港政府に送ってください。

抗議メールフォーマット(レイバーネット)

ぜひ、1通でも多くの抗議メールの送信をお願いします。

またレイバーネット日本のサイトでは、香港WTO関連のニュースをまとめています。参考にしてください。

WTO香港会議―――何が売り渡されたのか 

taiwanwto.jpg洪家寧(工人民主協会/台湾)

今回もこれまでと同じように、欧米日などの開発国が全面的な勝利に終わったことは間違いない。表向き、欧米代表は今回の取り決めに「満足はしていないが、受け入れることはできる」と語っているが、実際には猿芝居もはなはだしいといわざるを得ないだろう。
続きを読む

N君を含む12名、1月5日からハンストへ! 

20060105.jpg英語原文

14名のWTO被弾圧者のうち12名は、1月5日より無期限のハンガーストライキに入ることを決断しました。今回の件の不公正さのみならず、かれらが香港にやってきた理由、すなわちWTOへの抗議について、より関心を集めることが主要な目的です。かれらのたたかいは、けっして香港の人々に向けられたものではなく、非民主的なWTOの機構と、労働者・農民たちとのなんら実質的協議もないまま推進されている自由貿易政策に対してのものだったのです。

【行動への呼びかけ】
続きを読む

逮捕・起訴した14人をただちに解放せよ!香港WTO抗議行動被弾圧者に連帯する1.9緊急集会 

日時:2006年1月9日(月、休)午後6時
場所:文京区民センター2B会議室
   東京都文京区本郷4-15-14
   
主催:反WTO闘争弾圧救援会・東京
   〒111 東京都台東区日本堤1-25-11 山谷労働者福祉会館気付
   電話: 090-1429-9485(荒木)

続きを読む

WTOに加盟した中国が支払った社会的コスト 

20051217china.jpg蔡祟国

中国がWTOに加盟して3年がたった。この三年、そしてその前の準備のための十数年は、中国を決定的に変えた。

長年にわたり、中国政府と中国の主流経済学者たちは、中国のWTO加盟を政治や社会問題には直接関係のない対外貿易政策の問題、経済的な対外開放の技術的な問題とみなしてきた。かれらは当時、中国、とりわけ普通の庶民がこれによって高い代償を払うことになるとは、ほとんど全く予想だにしていなかった。
続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。