FC2ブログ

月別アーカイブ

 2005年12月 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虚偽を弄し、エビで鯛を釣る--アフリカ四カ国からみたWTO会議の結果 

黎佩炎(グローバリゼーションモニター)

アフリカのベナン、ブルキナファソ、チャド、マリは今回のWTO会議で綿花輸出四カ国(The Cotton Four)といわれた。これらの国々はすべて国連加盟国191カ国中のいわゆる「後発発展途上国」の50カ国のメンバーでもある。2003年のカンクンラウンドにおいて、これらの国々が、アメリカとEUの巨額の綿花補助金によって作り出された経済的惨劇を明らかにしてから、多くの国や組織がこの問題に関心を持ってきた。今回の香港で、この四カ国がEUやアメリカなどの先進国から、綿花貿易の紛争において比較的公平で合理的な扱いを受けることが、今回のWTO「開発アジェンダ」が合意できるかどうか指標とみなされてきた。
続きを読む
スポンサーサイト

12.29中国大使館への抗議文提出行動 

【緊急行動:転載歓迎】
山谷労働者福祉会館のなすびです。

 香港WTO抗議行動で逮捕・起訴され、仮釈放の状態にある14人の自由を取りもどすため、中国大使館への抗議文提出行動とFAX・メール行動を行います。

1.大使館への行動にご参加いただける方は、下記の集合場所にお越し下さい。
2.FAX・メール行動では、抗議のFAXやメールを各個人・団体から直接中国大使館宛にお願いします。

■ 中国大使館 抗議文提出行動
日時:2005年12月29日(木)(裁判前日)午後2時過ぎ
集合:午後2時 地下鉄日比谷線六本木駅1B出口
主催:反WTO闘争弾圧救援会・東京
連絡先:電話 090-1429-9485(山谷争議団・荒木)
    FAX 03-3876-7073(山谷労働者福祉会館)
抗議文案:末尾にあります。提出されるものは多少文言の修正があると思います。
続きを読む

☆☆★救援カンパのお願い★☆☆ 

IMG_2095_resize.sized.jpg郵便振替口座: 00190-7-2500「脱WTOキャンペーン」(用紙に「香港カンパ」とご記入ください。)

 12月13~18日に香港で第6回世界貿易機関(WTO)閣僚会議が行われました。そして、同時に、閣僚会議が開催されたコンベンション・センターの内外で、市場原理主義、自由競争のもとに規制を撤廃し、自由貿易のルールを確立するWTOに反対して、デモ、セミナー、ワークショップ、コンサートなど様々な行動(WTO対抗アクション:ピープルズ・アクション・ウィーク)がありました。中国本土、台湾をはじめ、世界中から2万を超える人々が香港にやってきて、香港の人たちとともに、公正な貿易、雇用の確立、民主主義、人権、平和などを訴えるイベントに参加しました。
続きを読む

欺瞞--たとえ輸出補助金を削減したとしても、輸出助成において、まだ550億ユーロを供与するEU 

(2005年12月20日火曜日)

 米国とEUは、この閣僚会議において発展途上国を欺いた。「開発」に関するレトリックが大きいが、それはドーハ開発ラウンドに由来する。

 輸出補助金総計の削減は、輸出補助金には変化をもたらさない、何もしないことの見返りに、EUは高値を引き出している。多くのEU国内助成の大部分は、輸出補助金支給に使われる。しかし、そのほんのわずかの部分だけが、輸出補助金として分類される。他のほとんどは、現在の交渉において規律を逃れたWTO規則の「緑の箱」に落ちる。
続きを読む

災厄、それは香港閣僚会議宣言 

原文 QUICK GUIDE: THE DISASTER THAT IS THE HK MINISTERIAL DECLARATION

(2005年12月20日火曜日)

「発展途上国が得たすべては、中身のない補助金終結日と引き換えに、他の農業分野での悪い合意、工業分野での悪い合意、サービス分野での悪い合意である。」 ウォールデン・ベロー教授(フォーカス・オン・ザ・グローバル・サウス)
続きを読む

香港警察による大弾圧で、何とか崩壊を免れたWTO---2006年4月続開WTO閣僚会議こそ、WTO体制終焉の場に 

childpic.jpgATTAC Japanの清水です。多くの方がすでに報告しているように、12月17日、WTO開催場所であるコンベンションセンターにデモ隊が押し寄せ、香港警察が催涙弾乱射など、一挙に弾圧レベルを強くしたことから、新聞で「長く苦難なる一夜」と表された事態が起こりました。18日早朝には韓国の労働者・農民・NGOばかりか、台湾、フィリピン、タイ、インドネシア、バングラデシュ、インド、アメリカ、フランス、スペイン、英国、日本の仲間、約1100人が不当に拘束され、約40時間の長時間勾留を強いられました。しかも、そのうち14人が起訴され、内一名は日本人ということです。何としても早期の釈放を求めましょう。
続きを読む

WTO会議の合意に奔走した多国籍企業のロビイスト--ルラ・ブラジル大統領 

ATTAC Japanの秋本です。第6回WTO閣僚会議は、「前進が見られた」という報道もありますが、日経新聞が「香港会議の成果は極めて乏しい」(12/19付)と評価するように、WTOそのもの、すなわちWTOで決めようとする貿易自由化ルールそのものが破綻に向かう道筋を作ったといえると思います。

 途上国は、とりあえずは無税無枠(途上国から先進国への輸出に際して非関税、市場アクセス制限を設けないこと)を取り付け、米国とEUから2013年までに農産品輸出補助金の撤廃という約束を取り付けたものの、それがドーハラウンドの主要課題である途上国の発展を目的とする「開発」に値し、「途上国支援」に相当するものであるのかどうかは、誰も断言できませんでした。またNAMA(非農産品)交渉では、関税の引下げ方式として、高い関税ほど引下げ率が高くなる「スイス・フォーミュラ」を採用することを決めました。しかし、採用にあたって詳細は全く何も合意されておらず、今後の交渉課題とされました。
続きを読む

【12.22抗議声明】失業と貧困、不平等と戦争を拡大するWTO反対!日雇・野宿者運動メンバーN君をかえせ!1149名不当逮捕糾弾!デッチ上げによる14名の起訴・弾圧裁判を中止せよ!香港WTO抗議行動への弾圧・起訴攻撃に対する抗議声明 

(以下、転送・転載を歓迎します)

すべてのみなさん!

12月17日、WTO(世界貿易機構)閣僚会議に反対する民衆デモが香港で大規模に行われ、その中で韓国の農民・労働者を中心としたメンバー約1000名が香港警察によって不当にも大量逮捕・拘束を受けました(詳しい経緯については、以下の抗議声明をお読みください)。

世界各国からの参加者とともに、かれらと行動をともにしていた日本からの参加者数名も拘束されました。19日夕方までに大半が釈放されたものの、大阪で日雇・野宿者運動などに取り組んでいる私たちの友人、N君をふくむ14名(韓国人11名、中国人1名、台湾人1名、日本人1名)が勾留延長され、いまも獄中にあります。
続きを読む

12.23  14人を返せ!HKPA緊急行動アピール 

shame_on_hk_police.jpg拘留されている14人を取り戻すために、hkpaは緊急アピールを出して、行動を呼びかけています。

香港現地での取り組み

1. 21日午後4時から韓国の全農は、Kwun Tong District Court, Kowloon(観塘裁判所)前で、3000回おじぎをする(頭を地面につける、いわゆる叩頭の礼)。
2. 香港の活動家は18日からハンストを続けている。
3. 12月22日に勾留されている3つの拘置所を象徴的に訪問する。再会を表すTong Yuenデザートを持参する。
4. 12月22日午後9:00~11時に、そごうデパートの前の歩道でキャンドルライトを行う。5. 12月23日午前11:00から、観塘裁判所の外でデモをする。


国際的な行動

1. 香港当局に連絡して、即時釈放と起訴取り下げを要求する
2. 23日の裁判所前のデモに際して、連帯メッセージを送る。
送付先:documentation@gmail.com
3. 23日以前に、各国の中国大使館に抗議する。

【12.17声明】天下に罪在り、罪は世貿に在り!人民の正義の闘争に対する警察の暴力的弾圧に抗議する! 

20051217-02.jpgWTO閣僚会議最終日の前日、12月17日の反WTOデモは、機動隊と放水銃、催涙弾と激しく衝突し、最終的に1000名を上回る拘束者を出し、14名が起訴される事態となった。17日深夜の最も早い段階で香港と台湾の団体によって発せられた以下の声明は、1000名のデモ隊が機動隊に包囲されている最中に書き上げられ、翌日18日のクロージングデモ行進に多くの香港の団体、市民の参加を呼びかけ、暴力的弾圧を大衆的に跳ね除けることを目的に発せられた。弾圧を回避するために一旦は中止が呼びかけられた18日のデモは、警察の暴力的弾圧に抗議する内外の市民、団体の声によって、予定通り行うことになった。デモには約7000人が参加し、香港政府の暴力的弾圧を跳ねのける大衆的動員が勝ちとられた。
続きを読む

12.18  HKPA緊急声明 

友人たちへ

香港政府は12月17日から18日にかけて反WTOのデモンストレーターに対して暴力的弾圧と大規模な拘束をおこなった。HKPAは香港政府とWTOに対して抗議の意思を表明し、(抗議者に対して)連帯の意思を示してもらいたい。
続きを読む

12.17 WTO閣僚会議阻止のための国際共同行動>に対する香港警察の暴力鎭圧および強制連行の状況概括および韓国民衆闘争団の立場 

20051217-01.jpgWTO閣僚会議が終盤に入った12月17日、香港に集まった労働者・農民をはじめとする社会運動団体は、貧困と不平等、戦争と暴力を拡大するWTO閣僚会議の中断を要求する集会を開き、コンベンション・センターに向けて行進を行なっていた。これに対して香港警察当局は、催涙弾、電気棍棒、ゴム銃弾などを動員し、コンベンション・センター前の集会を暴力的に解散させようとした。コンベンション・センター前で集会を行なっていた途中の11時30分頃、香港警察は強制解散させようとする過程で負傷した韓国民衆闘争団員が治療を受けていた病院を奇襲し、治療を受けていた患者たちを連行した。以後、18日の明け方3時頃からコンベンション・センター前の集会参加者たちを連行し始め、朝10時頃まで韓国民衆闘争団をはじめ集会参加者たちを全員連行した。
続きを読む

12.17 WTO抗議行動に大弾圧! 

newx131.jpgWTO閣僚会議に抗議するデモ隊に対して催涙弾が投入されました。
17日、午後からビクトリアパークを出発した韓国労働者、農民団体を中としたデモは、WTO会場に迫る行動を展開。
夜8時過ぎ、デモ隊を解散させるために催涙弾が打ち込まれました。

催涙弾にも耐えて、抗議行動を展開していたデモ隊を包囲するように、周辺エリアを封鎖し、警官隊の包囲網が狭められ、一切の出入りはできなくなりました。

包囲された900名の人々は徹夜で闘争を貫徹しましたが、早朝に警察が全員を連行。

韓国の人々以外に、日本人を含む仲間が複数拘束された。18日早朝の現在、釈放されたという情報は入っていない。

18日に予定されていたデモは、主催者判断で中止。しかし各団体はデモの前にさまざまな集会を入れており、多くの参加者はビクトリアパークに集まり抗議行動を展開する予定だ。

香港警察の弾圧に抗議する!
拘束した仲間をかえせ!
多国籍資本のためのWTO交渉をやめろ!

第6回WTO閣僚会合における日本政府の「途上国支援パッケージ」に反対します 

第6回WTO閣僚会合における日本政府の「途上国支援パッケージ」に反対します

2005年12月15日

麻生外務大臣は、2005年12月14日のWTOの閣僚会議において以下の三つの政策を表明しました。

第一に、インフラ関連分野で合計100億ドルの資金協力を実施する。
第二に、合計で1万名の途上国への専門家の派遣と、途上国からの研修員の受け入れ。
第三に、後発開発途上諸国(LDC)の全産品に対し、原則無税・無枠の市場アクセスを提供する。

私たちは、日本政府の政策が、途上国の貧困を本気で解決するための提案とは考えません。以下の理由から、日本政府の支援策は、WTOのプロセスを通じて日本の国益や多国籍企業の利益を実現し、むしろ途上国の貧困をより拡大させる可能性があります。
とりわけ、これによる輸出指向の農業の推進は、農業生産のいっそうの効率を求めて、化学化・機械化・単一生産化など農業の変質を促し、自然環境をも破壊するものとなります。私たちは、この日本政府の提案には反対します。
続きを読む

12.13WTO会場内での抗議行動の様子 

20051213incinv.jpg13日のWTO閣僚会議開催日に会場内で行われた抗議行動/激励行動の様子を写した動画です。ウォルデンベロー他、各界で活躍する皆さんが登場します。
動画を見る


↓こちらは13日ピープルアクションの会場の様子で、attacドイツ(?)の方々も登場します。
動画を見る

kanalB WTO動画サイト

ラミーキャンディーに気をつけろ!(12.14HKPAプレスリリース) 

200512131lamy.jpgWTOラミー事務局長に対するHKPAの声明

WTO事務局長のパスカルラミーは、一昨日(12月12日)に欧州議会に向けて最新の交渉状況を報告した。ラミーは多くの参加国が、交渉の進展のために、さらなる柔軟性と譲歩をする用意があることを明らかにした。ラミーはまた、WTOが不断に改善することができ、途上国を保護することができることを証明したと述べた。HKPAは、ラミーの言うところの譲歩が、実際にはWTOがわずかな飴でよそ様の一切合切を取り替えてしまう欺瞞的方法を画策するものであり、TRIPs協定の交渉におけるわずかな譲歩と引き換えに、参加国のサービス業および非農産品市場を開放させようとするものであると考える。
続きを読む

12.13 HKPA宣言 希望のグローバル化を!公正のグローバル化を!民衆闘争のグローバル化を! 

ATTAC3.jpgピープルパワーで生活の尊厳を守ろう
政財界の癒着を推進するWTO反対

今日、香港コンベンションセンター会場に世界各地から政財界の要人が集まり、WTO第六回閣僚会議が正式に始まった。今回の会議の議題は、各国民衆の生活と労働に関連するにもかかわらず、市民の声は無視、排除されている。香港ピープルズアライアンス(HKPA)は「ピープルパワーで生活の尊厳を守ろう」デモ行進を呼びかけ、世界各地からやってきた人々とともに街頭を行進し、われわれの不満と怒りを表明した。

続きを読む

12.13 DownDownWTO韓国派遣団、ビクトリアハーバを泳ぐ 

20051213-01.jpg韓国からの参加者約100名は、13日のデモ行進の終点地点の埠頭から海に飛び込み、Down Down WTO!と叫びながらWTO会場に向けて泳ぎました。

映像を見る(mpg 5分)

香港人民広播電台サイトより

12.13 WTO閣僚会議はじまる!ピープルアクション第二弾! 

20051213-04.jpg13日は、11日と違い、肌寒い天候の下、WTO閣僚会議開会を迎え撃つ集会とデモ行進が行われました。会場は11日と同じ、ビクトリアパーク。平日のため、11日の集会・デモの多くを占めた移住労働者の参加が望めない中、それに代わって韓国からの大規模な「遠征闘争団」が行動の中心的役割を占めました。
続きを読む

12.13反WTOデモ中継(日本時間14:00~) 

outside_wto.jpg日本時間14:00からデモ終了までweb中継がおこなわれます。

中継をみる
中継をみる

(注)たぶん見られるとは思うのですけど保証はありません・・・。

ジョゼ・ボベ香港に登場 

20051018-01.jpgコリン@グローバルウォッチ/パリです。
ジョゼ・ボヴェは一時香港の空港で拘束され、フランスへ送還されると脅されたものの、フランス政府,およびパスカル・レミーなどの介入によって、香港入国を許されたようです。
(画像は10月のWTO一般理事会開催期間中のもの)
続きを読む

No deal is better than bad deal(おかしな協定を作るなら何も決めるな)---12.12香港活動報告 

20051211-001.jpgATTAC Japanの秋本です。午後2時から「私たちの世界は売り物ではない(Our World Is Not For Sale(OWINFS)」ネットワーク(NGO、労働組合、農民団体、社会運動団体などで構成されるWTOに異議申し立てをする国際的なネットワーク。ATTAC、ビア・カンペシーナ、PSIなども参加)の会議に参加しました。150人くらいが参加していました。
続きを読む

12月11日反WTOデモの様子(mpg 7:05) 

20051211-01.jpg12月11日反WTOデモの様子(mpg 7:05)

2分20秒あたりに%旗が登場してます。

香港人民広播電台サイトより

12.11WTO対抗ピープルズアクション報告 

20051211-04.jpg12月11日、「抗議世貿」(コンイー・サイマウ)の掛け声がビクトリア・パークと香港島の繁華街にこだましました。
続きを読む

12.11反WTO集会とデモに4000人 

20051211-011.jpg香港でおこなわれた反WTOの集会とデモは4000人が参加したようです。4000人は、まずまずの数でしょうか。13日は平日なのでもうすこし少ないかなー、どうでしょう。デモコースは、もっと短いですけど、みなさん、がんばってくださいね。抗議世貿!

yahoo香港のニュースより(12月11日)
続きを読む

HKPAがプログラムマップをUP! 

progmap.jpgHKPAが作成したアクションウィークのプログラムとアクションマップが描かれた資料が公開されました。デモコースや会場が一目で分かります。また各種情報も盛り込まれています。漢字と英語で併記されています。おそらく現地で配布するものと思われます。きれいなのでぜひご一読を。参加できない方もこれで香港に行った気になれます!?

ダウンロードする
注意 PDFファイルで4.46Mbあります。


12/10 WTOはナゼあなたにとって最悪なんだろう--中国語字幕版ビデオ鑑賞ワークショップ 

2005-12-10.jpg■スピーカー
Walden Bello(Focus on the Global South
Au Loong Yu(Globalization Moniter)
■日時: 12月10日、Time:18:15 - 20:30
■場所: Rm BC308, University of Polytechnic, HongHum. (All cross habour tunnel buses around Wanchai can reach the college)

フォーカスのサイトから英語版をダウンロードできます。
ダウンロードする

※現在ATTAC Japanで同ビデオの日本語版を作成中!

※Focus on the Global SouthとGlobalization Moniterは共催で14日の夜18:00~22:00、Boys and Girls Clubで「CHINA and the WTO: What to know about the New China and the emerging collective actions for social justice 」と題したワークショップを行います。これも面白そうです。

ATTAC INTERNATIONAL SEMINAR in HongKong 新自由主義に対する私たちの挑戦と抵抗-もう一つの世界は可能だ! 

ATTAChongkong2.jpgATTAChongkong3.jpg
(↑クリックすると大きくなります)

ATTACインターナショナルは、香港でATTACセミナーを行います。フランスからスーザン・ジョージも駆けつけます。ATTACオーストリアからアレクサンドラ・ストリックナーさん(ジュネーブ在住の経済学者)、そして政治的にも大きな動きをみせるドイツからもATTACドイツのからもヨハネス・ローテルバークさんが参加されます。日本からもナウでヤングな報告があります。また各地のATTACメンバーも多数香港に駆けつけるようです。皆さん、ぜひ注目して、香港にいらっしゃる方はぜひご参加ください!

■日時
12月17日(土)15:30~18:00
■場所
ビクトリア・パーク(%マークが目印です)
■テーマ
新自由主義に対する私たちの挑戦と抵抗-もう一つの世界は可能だ!
■スピーカー
・スーザン・ジョージ(ATTACフランス):新自由主義に対する民衆の抵抗とオルターグローバリゼーション運動の意義
・アレキサンドラ・ストリックナー(ATTACオーストリア):WTO交渉の正体をすっぱ抜く
・ヨハネス・ローテルバーク(ATTACドイツ):ドイツの社会運動と社会連立政権下におけるATTAC運動の役割
・安藤丈将(ATTAC日本):小泉首相のポピュリズムと新自由主義政策に対する私たちの挑戦

logo-attacflag.jpg

People's Action Weekページ開設(HKPA) 

posterFn.jpgHKPA英文サイトにアクションウィークのページが開設されました。プログラム、ニュース、写真、地図、プロテストソング(?)などの情報が掲載されています。アクションウィークの期間中も更新されるようですので、ぜひチェックしてみてください。

People's Action Week

12/13and18,流れを変えるために:新自由主義に対するオルタナティブのための国会議員と社会運動 

世界社会フォーラムにも毎回登場し、世界議員フォーラムを開催している欧州議会のグループ統一左翼/北欧グリーン・レフト議員グループ(GUE/NGL)が、香港で以下のセミナーを企画しています。これはSouth Pacific Hotel, 23 Morrison Hill Road, Wanchai, HKで行われます。スーザン・ジョージ、ウォルデン・ベローなどもスピーチするようです。

統一左翼/北欧グリーン・レフト議員グループ(GUE/NGL)

続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。